全人類の味方、「習慣化」について。

Izucchi
どうも、いずっちです!

前回は「目標」について書きました。

全人類の味方、「目標」について。

2020年1月22日

 

この目標を叶えたり、ワンランク上の自分になるために大切になってくる「習慣化」について書いていきます!!

(参考文献:自分を変える習慣力)

目次
1.習慣化って?
2.習慣化した方がいい理由
3.習慣化する方法
4.「これぞ王道!」の習慣例
5.いずっちが思ったこと!

1.習慣化って?

 

まず、習慣化とは

今まで意識してやっていたことを無意識レベルで行えるようにすることです。

 

例えば、習慣化されてる行動は歯磨きなどです!

何も考えずに毎日やってるし、やらなきゃ気持ち悪いですよね〜。

それが習慣です。

 

そして、習慣には4つの段階があります。

  1. 知らない
  2. 知ってる
  3. できる
  4. やってる

です。

4番の「やってる」を目指していきましょう!!

 

 

2.習慣化した方がいい理由

では、なぜ習慣化した方がいいのか?

 

一つの習慣を身につけたらどうなるかを説明していきますね!

 

まず、身につけたら「しっかり続けられている」ということでその成功体験により、自己肯定感が上がります

 

また、習慣化しているということは、「よし、これから行動しよう!」と気持ちを作ることなく行えます。

余計な力を使わずに行動を起こせるということです。

 

例えば、「痩せるために毎日1㎞走る」の習慣で説明すると、

この習慣を身につける前は、「よし、走ろう!」って意識して行動に移す必要があります。それってまだ慣れていないし、行動に移すのに結構エネルギーが要ります。

ですが、習慣を身につけてからはそのエネルギーはいらず無意識にただただ1㎞走るだけです。

 

皆さん気づきましたか?

習慣化したら、今まで習慣化に使っていたエネルギーを使わずに行動に移せるので、その余ったエネルギーは他のことに費やすことができます。一つ習慣化できたら、また新しい習慣化に取り組むのも劇アリですね。

 

例えば、ダイエットしたい人にとって「無意識にダイエットしてる」という状況を作ることができるのが「習慣化」の力です。知らんうちに痩せていきます。

正直、最強です。

 

習慣化の力がわかったところで、実際にどうやってするのかを見ていきましょう!

 

3.習慣化する方法

まず、何を習慣化するかを決めます。

目標(痩せたい!とか、試験に合格したい!とか色々。)がある人はそれに関することにしましょう。

全人類の味方、「目標」について。

2020年1月22日

「何を習慣化したらいいんだろう?」という人は、この記事の後半で習慣の例を紹介するので参考にしてみてください!

 

それでは、「半年で10㎏痩せたい!」という目標の人を例に挙げて考えてみましょう!

 

まず、その目標のために毎日何をするかを決めます。

この人の場合、「毎日走る」にしましょうか。(ダイエットの仕方全然知らんからしたい人は自分で調べてやってみてね笑)

 

さて問題は、何㎞走るかです。これはその人によるのですが、もし今まで全く走ってきていない人が、やる気になって「毎日10㎞走る!」と決めたらどうなるでしょうか?

 

これは、おそらく三日坊主の典型例で、周りの人にきっと「最初だけやる気まんぱんまんやん!」って言われるでしょう。

 

習慣化さえしてしまえばあとは自動的に進むので、まずは行動の定着が大切です。最初は、成果よりも定着に重きを置きましょう。

 

だから、「少し足りないかな」くらいがちょうどいいのです。

 

例えば、1㎞とか、なんなら300mとかでもいいんです。最初は結果を求めず、とにかく続けていきましょう!!

 

そして、慣れてきたらどんどん距離を伸ばしていきましょう!!

 

ポイントは、まず1つの習慣を身につけることに集中することです。あれもこれもろ手を出したら何かが続かなくなって、自信を得ることや習慣化に繋がりません。

 

また、プラスの感情・行動と結びつけるのも1つの手です。

例えば、「好きな音楽聴きながら1㎞走る」とすると、楽しく習慣化に取り組んでいけますね!

 

 

4.「これぞ王道!」の習慣例

ここでは以下の3つについて簡単に紹介していきます!

  • 早起きの習慣
  • 料理の習慣
  • 運動の習慣

いかにも王道って感じがしますが、どれも王様クラスの威力を持っています。

 

早起きの習慣

早起きがなんでいいかを説明します!

 

早朝の1時間は日中の2時間の価値があると言われています。

仮に5時から7時の2時間を仕事や創作時間に当てるとします。すると、

1年で2時間×365=730時間の時間を有効に使えていることになります。

また、これを日中のクオリティにすると2倍の1460時間を得ることになります。

 

料理の習慣

料理をすると、日々の栄養バランスを管理できますし、料理をすること事態が脳力のアップにつながります。また、料理をすることでストレス軽減効果もあるみたいです!

 

運動の習慣

運動は、健康促進の他に心のバランスもさらに安定するようになるようです!

また今回の記事でも出てきましたが、有酸素運動をすることで脂肪を燃焼し、痩せる効果もあります!

 

 

5.いずっちが思ったこと!

ここまで読んでみていかがでしたか?

 

僕は習慣の力ってすげーなって思いました。

 

僕自身も、ある時期ブログの記事を毎日投稿していました。

 

それによってアウトプットや言語化する習慣が身についたので、めっちゃ良かったです!そのブログは色々間違えて消えちゃいましたが・・・。笑

 

その時も、やらなかった日もあったけどまたやり始めたら「続けてる」ということになります!!

 

だから一回やめてしまってもまた気軽に、何事もなかったように始めたら習慣化していけるんだと思ってます!!

 

最後に・・・。

 

人は習慣によってつくられる。優れた結果は一時的な行動ではなく、習慣から生まれる。

これは、アリストテレスの言葉です。

古代から習慣は大切にされてきたのが分かりますね!

 

以上です!!

最後まで読んでくださってありがとうございます!!

何か気づきがあればシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です