全人類の味方、「目標」について。

Izucchi
どうも、いずっちです!今日は目標についてやっていきます!この記事を読んで何かヒントになったり、やる気になったり、行動を起こしてくれたら嬉しいです!

僕は目標を立てることから逃げてきたことがあります。

ですが、それは目標の立て方を知らなかったり、目標立てても全然達成できなかった過去があるからだと思いました。

目標は全人類の味方。

ということで目標について書いていきます!!

(参考文献:”7つの習慣”、”ザ・コーチ”、その他ネットの情報。)

目次
1.目標を立てるメリット
2.目標の立て方
3.目標達成のために
4.目標の振り返り方
5.いずっちの気づき

1.目標を立て行動するメリット

メリットは、

  • 同じ価値観を持った仲間が増える。
  • 精神的な視点が高くなり、人生で見る景色が変わる。
  • 人生が、ワクワク感やドキドキ感に溢れた、感情豊かで感動的なものになる。
  • その道のりで、知識・能力が増えて価値ある人になる。
  • 選択力・決断力・集中力が増す。
  • 憧れられる。

…etc

です。また、目標を持っている人と持っていない人では過ごす時間の密度も違います。

どうですか?全人類の味方なりの効果がありそうですよね!

2.目標の立て方

3種類(+α)紹介します!

 

1つ目!

やりたいこと(夢)リストを作る

何も制限がなく、なんでもできる・叶えられるとしたらあなたは何をやりたいですか?思いつくままに紙に書いていきましょう。この時、「どうせ無理だろう」って思うことは禁止です!可能性は無限大なのでワクワクしながら取り組みましょう!!

例えば、

・年収1000万円稼ぐ

・家族で好きな時に旅行に行く!

・6大陸全て行く!

・世界一幸せな家庭を作る!

・ドリンク職人になる!

・起業する!

・アップルウォッチを買う!

・ファンを1000万人作る!

みたいな感じです!願いの大小は関係なくどんどん書き出していきましょう!

何個か出てきたら、その中で「これが一番ワクワクする!」とか「しっくりくる!」とかそういうのを選びましょう!

出雲の場合

”30歳で年収1000万円を稼ぎ、家族と好きな時にいつでも旅行などのいろんな体験をできるようなライフスタイルを作ること”

ポイントは、いつまでに何を達成するかをできるだけ具体的にすることです!

あと、目標これだ!って決める時に見たらワクワクするような言葉や表現に変えるのもおすすめです!

例えば、

「先生になる!」が目標の人は、「生徒に『先生に出会えて、教えてもらえて良かった!』と思ってもらえるようなかっちょいい先生になる!」とかですね!

2つ目!

終わりを思い描く

突然ですが・・・。

あなたは今、死にました。

あなたの周りの人があなたの葬式に続々と集まってきました。

さて、あなたは自分の葬式で、友人や家族になんて言ってもらいたいでしょうか?

目を閉じて、数秒間想像してみてください。

僕だったら、友達が「あなたに出会えて良かった。」って言ってくれたら嬉しいですし、彼女に「驚かせてくれて幸せにしてくれてありがとう。」って言われたらいいなって思います。

これ考えづらかったら、自分が死ぬ瞬間に何を思いたいかを考えてみてもいいかもしれません。

そして、自分の最後どうなってたいかを想像できたら、そのために今、何をしたらいいか何をすべきかを考えていくだけです。

3つ目!

役割から考える

まずは、自分はどんな役割があるかを考えます。

例えば僕なら、

・数学科の大学生

・カフェのバイト

・彼氏

などです。

そのあとで、その役割で達成したいことは何か、どんなこと(姿勢)を大切にするかを考えていきます。

数学科の大学生としては、”わからないことを明確にし、理解することを楽しむ姿勢を持って勉強する。”です。

彼氏としては、”お互いに支え合い、時にはサプライズをして驚かせ、幸せにする。”です。

これを全ての自分の役割において考えて、書き残して毎日見ておくと、バランスのいい生活が送れるそうです。「先週は”仕事”のほうに意識が傾きがちだったな。今週はデートの時間を作ろう!」みたいな感じですね!

これは”目標”とは少しずれてるかもしれませんが、日々を張りあるものにするっていう点では同じだと考えて紹介しました!

3つ紹介しましたが、「どれもしっくりこない!」という人はこちらはいかがでしょうか?

+α!

やりたくないことリストを作る

これもやり方は簡単!やりたくないこと、嫌いなことをひたすら書いていくだけです!しっかりと言語化して自分の中で嫌なことを明確にすることができます。そうすることで、”嫌なこと以外”を選んでいけるのでこれはこれで良いかと!

いろいろ紹介しましたが、試してみて自分にあった目標の立て方を見つけてみてください〜!

(他にも、憧れの人を見つけて目標のヒントにするのもありですね。)

ここにあげたもの以外にもネットとか本にいろいろ書いてあるので探すのもアリっすね!

目標を設定する時にかかるブレーキ

・他者との比較による批判や、非難から受ける負の感情
・目標に対する無知
・変化、選択と決断に対する恐れ

これらに対しては、2つの対策があります。
一つ目は「知ること」です。知らないものは怖いですが、知ってしまうと「なんだそんなもんか」となることもあります。
二つ目は「目標を立てるのはマイナス」というイメージを書き換えることです。例えば、「目標決めたら変えてはいけない。」を「目標は目的までのプロセスの通過点なので変えても良い。」と変えるなどです。

3.目標の達成のために

まずは、目標が仮にでも決まったら紙に書いて毎日見れる形にしましょう!

(ある調査によると、年始に立てた目標をその年の12月に覚えている人は10%もいないそうです。)

SNSなどで周りに発信して、周りに覚えさせとくのもありです!笑

 

そして、毎日の行動に落とし込みましょう。

例えば僕の

”30歳で年収1000万円を稼ぎ、家族と好きな時にいつでも旅行などのいろんな体験をできるようなライフスタイルを作ること”

の場合だと、そのために必要な要素をあげます。その一つが「まずはお金の知識を増やしていこう!」の場合、「お金に関する本を毎日20ページずつ読んで一冊読み終わったら記事にしてアウトプットする。」という感じです。

 

あとは行動するのみです!!

行動してたらライバルができて、より充実していくかも?

また、目標達成のためには毎日の行動も大切です。それについてはこちらで書いたのでもし良かったら合わせてどうぞ!⬇︎

全人類の味方、「習慣化」について。

2020年1月24日

4.目標の振り返り方

目標を立てて、それが達成できたかどうかを振り返ることは大切です。

結果ももちろん大切です。が、結果だけ振り返っていると、「できなかった・・・。」だけで終わるのでそれだともったいないです。

できなかったらできなかったで、なんでできなかったのかという原因を突き止めます。そして対策を考える。

また、「できなかった」という部分に焦点を当てがちですが、目標に取り組んでいく上で前進した部分は必ずあるはずです。

スタート地点と比べて、どれだけ進んだかを考えてもいいですね!

また、「目標を大幅に超えて達成した」という場合は、調子に乗って振り返りしない時があるかもしれません。ですが、しっかり調子に乗ってから、「なんで成功できたのか」を分析すると敵なしですね!

5.いずっちの気づき

 

ここまで読んでいただいてありがとうございます。

調べまくったことは上に書いたので、僕が目標設定して気づいたことをこれから書こうと思います。

 

僕の去年の目標は、「カフェを開くこと」でした。

それを決めてからブログとかで発信したり、どんなカフェ開くかを仲間と話し合ったりしていました。ですが、僕自身あまり積極的に行動ができませんでした。

その原因は、心がストライキを起こしていたからだと考えています。

 

僕の中心には昔から変わらず「幸せな家庭を作る」という想いがあります。

その想いと「カフェを開く」を考えた時に、どちらも叶っているようなビジョンが自分の中で浮かびませんでした。だから、あまり前のめりに取り組めなかったんだと思います。

 

でも今回の

”30歳で年収1000万円を稼ぎ、家族と好きな時にいつでも旅行などのいろんな体験をできるようなライフスタイルを作ること”

は大切にしている「家族」に関する想いも含まれています。

 

だからこそ、この目標にはしっくりきているし頑張ろうと思えます。

 

この件で、僕は自分の大切にしていることを考慮した目標を作ることが大切だと気づきました。

ですのでこの気づきは生かしていこうと思います!

 

以上です!また勉強・行動したら更新していきます!

「わかりにくいよ!」とか「ここどういうこと?」とか「いいじゃん!」とか意見があったら言ってくれると喜びます!

 

読んでいただいてありがとうございました!!!

 

何か気づきがあればシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です